40代 再就職

 

「幸せをつかむ」転職術 
〜この1冊さえあれば転職活動は成功する、実績抜群の転職マニュアル〜

 

40代の再就職の現状

40代のサラリーマンはリストラや会社の倒産で、再就職を余儀なくされている人もいる中、 「自分の適性を生かしたい」「もっとよい職場に移りたい」という理由で、 再就職を考える人もいます。

実際に、40代といえば、ずっと1つの会社で働いてきた人は、 部下を抱えた中間管理職の年代。 40代の再就職には、20代、30代の再就職とは違った能力が期待されているのです。


つまり、40代で再就職をするビジネスマンには今までの経験やキャリアを生かした即戦力としても期待され、 さらに同年代の社員と同じような管理職としての能力も期待されているのです。

しかし、現実を見れば、40代の再就職は厳しいのが現状です。 大手人材紹介会社のリクルートエージェントのHPにある資料を見ても、 20代、30代の転職者は給料が再就職後に上がっているのに対し、 40代の転職者は、給料が再就職以前より下がっています。

年功序列の賃金や人事が崩れている現在、40代で再就職し、新しい会社に入っても、 会社から期待されているとはいえ、給料面では大幅にダウンするのが現状です。

40代の再就職のための情報収集

公的機関を使って再就職の情報を集めるのは、ハローワークを使うのが一般的ですが、 都道府県によっては、都道府県独自の就職あっせん機関を持っている場合もあります。

また、ハローワークと同じ公的機関で、「人材銀行」というものがあります。 人材銀行は、40代以上の管理職や専門職の求人を扱っている機関です。 40代以上の再就職には、ハローワークだけでなく、人材銀行も利用するといいでしょう。 人材銀行はハローワークとは別の場所におかれているので、注意が必要です。


また、求人情報の多くは、非公開だとも言われていますし、 40代の再就職には、会社によって設けられている年齢制限に引っかかる場合も少なくありません。 このため、求人情報をより多く集めることが大切です。 リクルートエージェントやパソナキャリアなどの転職会社と呼ばれる 人材紹介会社を利用することも必要でしょう。

パソナキャリアでは、40代、50代を英語の頭文字から「Fジェネレーション」と呼び、 40代の再就職に力を入れているといいます。 こういった40代の再就職を支援する人材紹介サービスを利用し、自分の経験やキャリアにあった 会社を紹介してもらうことで、より早い再就職の可能性が高まります。

 


自慢できるキャリアがなくても、>転職や再就職に成功するある秘訣とは?

 

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法