フリーター 助成金 支援

 

正社員で働くなら【スタトレ】の就職支援!

 

フリーターを雇用する事業主への助成金

フリーターを雇用する事業主への助成金については、 助成金対象者の拡充が行われ、25歳以上34歳以下だったのが 25歳以上39歳に変更になりました。


ここでいう助成金とは若年者等雇用促進特別奨励金をさします。 フリーターという言葉がうまれたのはバブル崩壊後ではなくバブル景気のさなかです。 一流企業は別として、中小企業に勤めるよりも、アルバイトをしたほうがやり方によっては儲かる 時代でした。いくらでも仕事はあったので、失業に対する恐怖心を抱かないですんだのかもしれません。


その後、日本の経済は急速に悪化し、年長者のフリーターの 正規雇用は難しくなりました。39歳まで助成金がカバーされるということは、 バブル時からバブル崩壊後の年長者のフリーターも保護されるということでしょうか。

フリーター助成金も増額し、25歳から29歳までが20万円で中小企業には30万円、 30歳から39歳は30万円で、中小企業には45万円の奨励金が支払われます。 雇用改善の動きが弱い地域では支給額がさらに1.5倍となるそうです。 また事業実施期間も延長され平成21年度から平成22年度まで延長されました。

フリーターの支援と対策

事業主の助成金いついてはハローワークのホームページに載っています。 各種助成金は、労働者の失業の予防や雇用機会の増大、労働者の能力開発等の目的で支給されるそうです。

フリーター助成金に付いて詳しくは、 ハローワークインターネットサービス (雇用保険・助成金のご案内)や 厚生労働省(事業主の方への給付金のご案内) 等をごらんください。


フリーター助成金制度には試行(トライアル)雇用奨励金というものもあり、 フリーターを短期間(原則3ヶ月だそうです。)雇用する場合にも事業主に助成金が支給されるそうです。 対象労働者一人につき月額40,000円の助成金が支払われるそうです。 また、ニート対策もかねてハローワークなどでキャリアカウンセラーをおいたり、職業訓練などの 就職支援が行われています。


サブプライムローンに端を発する景気後退により、新卒者の内定取り消しが相次いでいます。 本来なら団塊の世代が定年退職し、労働力不足となるはずの時期に新卒層にも人あまりの現象がおきています。 フリーター・少子化対策として打ち出された助成金制度、政府の思惑通りに正しく機能することを願います。


正社員で働くなら【スタトレ】の就職支援!