フリーター 税金 年末調整

正社員で働くなら【スタトレ】の就職支援!

 

フリーターが納める税金

フリーターだから、税金は関係ない・・・ なんて思っていませんか? フリーターだって、税金と無関係では、いられません。 正しい知識を持って、賢く税金を払いましょう。


私たちが普段払っている税金は、数多くあります。 一番身近にあるのが『消費税』ですね。 車を持っている人は、毎年5月が、『自動車税』のシーズンですね。 高額な買い物をすると、印紙が貼ってあったりします。 あれも、税金です。『印紙税』といいます。


年末年始になると、話題になるのが、『所得税』と『住民税』でしょうか。 フリーターであっても、所得税や住民税を払っている場合もあるでしょうね。 フリーターの人が、注意しなければいけないのも、所得税と住民税なのです。

フリーターと所得税

所得税は、働いている期間が2ヶ月以上あれば、 所得税を源泉徴収することになっています。 所得税は、年間103万円までの収入であれば、かかりませんが、 毎月の給料の額によっては、源泉徴収することになっています。 月88000円未満の給料であれば、所得税は0円ですので、源泉徴収されません。 月88001円からは、所得税として、税金が引かれています。

通常は、仮徴収として、多めに引かれていることが多くあります。 そして、毎年、年の最後の給料で、所得税が確定するため、 年末調整として、源泉徴収した所得税を精算します。 一般的には、取りすぎた分が戻ってくることが多いでしょう。


フリーターで、複数のアルバイトを掛け持ちしている場合や 短期間でアルバイトを変えている場合は、 年末調整が、行われていない場合があるので、注意が必要です。

アルバイト先に、『給与所得者の扶養控除等申告書』を提出しておらず、 源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」や「所得控除の額の合計額」欄に 何も書いてなければ、年末調整されていません。 還付されるかもしれないので、確定申告をしたほうがいいでしょう。

フリーターと住民税

フリーターでアルバイトを転々としているのに、住民税の請求が来るようになった、 と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2005年税制改正で、個人住民税の徴収が強化されました。 今までは、会社側は、1月1日に、会社に在籍している人だけの『給与支払報告書』を 市町村に提出すればよく、退職している人の分は提出する必要がなかったのですが、 1月1日に在籍していない中途退職者についても 『給与支払報告書』を提出しなければならなくなりました。しかし、 退職した人で、年間の給与総額が30万円以下の場合は、提出する必要がありません


つまり、フリーターで1年の間に、アルバイト先を点々としても、 1ヶ所のアルバイト先で、合計30万円以上の給料を受け取っていれば、 『給与支払報告書』が、市町村に提出され、 2ヶ所分、3ヶ所分と合計されれば、住民税がかかることにもなるわけです。 収入による税額計算を『所得割』といいますが、 これは、年収100万円未満ならかかりません。

また、住民税には、所得割のほかに、 一定の収入がある人が、一律の額を負担する『均等割』もあります。 均等割は、全国一律で4000円です。 結果として、短期で、アルバイトを転々としているフリーターでも、 住民税の支払いをするようになったわけなのです。しかし、 確定申告をすれば、住民税の方も修正されますので、ご心配なく。

確定申告の仕方

確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの1か月間に申告します。 払いすぎた税金が戻ってくる還付申告は、5年後まで申告できます。


確定申告に必要なものは、
・源泉徴収票
・国民健康保険などの社会保険の総支払額(証明書の添付は不要)
・国民年金や厚生年金などの控除証明書
・生命保険や損害保険の証明書
・1年間に医療費を10万円以上支払った場合は、医療機関の領収書
・印鑑(認印でよい。シャチハタは不可)
・通帳(還付申告の場合)


確定申告に必要な申告書は、税務署や確定申告の相談会場、申告センターなどで 手に入れることができますが、 税務署のホームページで作成することもできます。http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
また、税務署などのタッチパネル式の申告書作成機で、作成することもできます。 ちょっと面倒ですが、「e-Tax」という国税電子申告・納税システムもあります。


ご自分の確定申告が、税金の戻ってくる還付申告ならば、 管轄の税務署に郵送で申請することもできます。 確定申告は、【自分で】行うものです。 「バイト先を親に知られたくない」などと確定申告をためらうフリーターの人もいますが、 確定申告は自分で行うものなので、バイト先を、他人に知られることはありません


正社員で働くなら【スタトレ】の就職支援!