契約社員のメリット・デメリット

 

二十代、派遣社員、マイホーム4件買いました

 

契約社員の定義

契約社員の定義をご存知ですか?契約社員とは、企業と働く期間を決めた労働契約を結んで働く労働者のことを言います。アルバイトやパートとの区別は、はっきりしていませんが、一般的に、アルバイトやパートは時給制であることがほとんどですが、契約社員は、月給制の場合も多く、残業代や諸手当が付くケースがあります


勤務時間においても、アルバイトやパートは、出勤日や勤務時間を、ある程度選択できるのに対して、契約社員は、正社員同様の出勤や勤務時間を求められます。正社員が、働く期間を定めない労働者であるならば、契約社員は、正社員の期間限定版といったところでしょう。


また、最近マスコミをにぎわせている派遣社員との違いは、何でしょうか?契約社員が、企業と直接、労働契約を結び、仕事をするのに対して、派遣社員は、企業が契約を結んだ派遣会社から、労働者を派遣してもらう形なので、企業との労働契約はなく、派遣会社と労働契約を結ぶことになります。契約社員が、期間の定めのある企業独自の労働者であるのに対して、派遣社員は、他の会社から手伝いに来てもらっている労働者と言った感じでしょうか。

契約社員のメリット

契約社員のメリットとは、何でしょうか。期間の定めのある契約社員のメリットは、裏返せば、正社員のデメリットと言うことにもなります。

一番大きなメリットは、勤務地・勤務時間を選べる、と言うことでしょう。正社員なら、転勤などがあり勤務地を選べないこともありますが、契約社員は、働く期間が決まっているのですから、転勤などなく、自分が働きたい場所で、働くことができます。


また、正社員なら、人間関係から断れない飲み会や休日出勤なども、契約社員なら、自分のペースであわせることもできます。これも、期間が決まっているからこそ、できることですね。


給料の面では、システムエンジニア(SE)やプログラマー、研究者と言った専門的な仕事をする契約社員なら、正社員より給料がよいことも多くあります。

正社員より給料のよい契約社員は、勤続年数などに左右されることなく、自らの能力や業績で給料が決まっているとも考えられます。

プロフェッショナル、スペシャリストであれば、あるほど、契約社員のメリットを、存分に受けられると言うことになるでしょう。

契約社員のデメリット

契約社員のデメリットは、正社員のメリットと言うことになります。契約社員は、正社員と違い、働く期間の定めがあります。契約期間が来てしまった後、契約更新がないことも考えられ、正社員よりは、不安定な立場にあることは間違いありません。この点は契約社員の大きなデメリットといえます。


1回の契約期間は、多くの場合、半年から1年。法律上の上限は3年ですが、例外として専門的な職の場合は、5年です。 更新に関して、上限の定めはありませんが、契約期間が決められているため、企業側から見ると、リストラを考えるときに、契約社員の契約更新をしなければよいとも考えられ、正社員よりも人件費削減の対象となりやすいのです。


また、販売や事務と言った単純作業の契約社員の場合は、正社員よりも給料が低いことが多くあります。ボーナスや昇給も、ない場合がほとんどですので、月給が正社員より高くても、年収では同じくらいとか、低くなる場合もあります


そして、会社とトラブルがあった場合にも、間に立ってくれる人はありませんので、自分で交渉したり、解決したりしなくてはなりません。その上、契約社員は、正社員よりも軽く見られがちと言う会社も多くあります。このように契約社員や正社員のメリット・デメリットを充分に理解したうえで、自分に合った働き方を見つけることが大切です。