内職市場

 

在宅の仕事

 

内職市場の仕組み

内職市場とは、株式会社内職市場が経営する内職の新しいシステムです。 今までは、会社が直接内職従事者を募集したり、 内職を専門に扱う業者に依頼して、業者が内職従事者に仕事を出してきました。

こういった今までのシステムでは、仕事の増減に対して柔軟な対応が難しく、 とくに急激に仕事量が増えた時などは、 内職従事者に大きな負担となっていました。

内職従事者は、本人の事情や家庭の事情などで、働きに出られない人が多く、 急激に増える仕事に対応することは、家庭を犠牲にしたりするなど、とても難しいのです。


内職市場は、従来のシステムでは難しかった柔軟な対応が出来るように、 簡単な作業を内職従事者に依頼するためのフランチャイズシステムを作りました。

A店で急激な仕事の増加があって、A店の内職従事者だけでは達成することが難しい分を B店に依頼して、B店の内職従事者が対応できるなど、 内職の「仲間」同士が助け合い、仕事がスムーズにできるようにしたことが特徴的です。


本部では、大口の仕事を請けて、各店舗に回したり、 各店舗は、地元の会社からの小口の仕事だけでなく、 他店の助けを借りられるので、中規模の仕事も請けられるようになりました。

仕事がスムーズにできるようになることで、 依頼する会社も、安心して仕事をお願いすることが出来ますし、 本店や他店からも仕事が回ってくるため、内職従事者にも安定した仕事を依頼することが出来、 内職をしたい人への働く機会を提供することにも繋がっています。

内職市場で内職仕事をする

内職といえば、多くの場合、仕事を依頼する会社が、内職従事者に直接、 仕事の材料を届けたり、出来上がったものを回収しにきてくれたりします。

内職市場の場合は、自分で店舗までとりに行き、店舗へ納品します。 内職市場で出来る内職は、昔からある内職らしい内職が多く、 中でも、封筒にチラシを入れる・シールを貼る・製品の検品・袋に商品を入れるなどが多いようです。


もう一つ、内職市場には特徴があります。 内職市場の店舗では、倉庫で働くパートもあります。 倉庫内で作業をしたり、内職従事者の加工した納品物のチェックや、 その日に内職従事者にお願いする作業の内容をレクチャーしたり・・・ と、倉庫内での作業を行います。

このパートさんたち、内職をやっていた人たちが、 子供が小学校に上がるなどで、昼間手が開くようになったため、 内職からパートになった人たちが多いとのことです。 内職市場で内職をするのは、今だけでなく、先々のためになるのかもしれませんね。

内職市場の店舗

内職市場の店舗は、愛知県内が中心です。 愛知県内に、直営5店舗、フランチャイズ15店舗あり、 岐阜県多治見市に直営1店舗、その他岐阜県内にフランチャイズ1店舗、 群馬県高崎市に直営1店舗、その他群馬県内にフランチャイズ2店舗あります。


フランチャイズ店舗は、拡大しており、 他には、秋田県、新潟県、富山県、茨城県、埼玉県、神奈川県、 山梨県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、三重県、 兵庫県、山口県、大分県、熊本県、鹿児島県に、 フランチャイズ店舗がオープンしています。


月5万円くらいは稼げる投稿生活