音楽療法士の仕事や資格、就職、給料

 

音楽療法士になろう!

 

音楽療法士の仕事

音楽療法を専門に扱う人のことを音楽療法士といいますが、音楽療法士とはどんな資格で、どんな仕事なのでしょうか。

日本音楽療法学会によると音楽療法とは、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用することとされています。


現在音楽療法士の仕事は、主に福祉の場面や医療の場面が多く、認知症の高齢者、精神障害者、交通事故などによる脳障害後遺症を持つ患者、脳性まひや小児まひ、自閉症児・者に対して行っています。

音楽療法士の仕事内容は、対象者の状況に合わせた音楽的プログラムを組み、音楽を聞かせたり、歌ったり、音楽に合わせて体を動かしてもらったり、時には楽器を演奏してもらったりすることや、その補助です。

例えば、歌を歌う活動は、肺活量を増やすためや、新しい言葉を知るためのプログラムであったり、記憶力に働きかけるためのプログラムであったりしますし、楽器を演奏する活動は、手や指の活動のためや、目と手の動きを連動させるためのプログラムであったりします。

音楽療法士が計画的、意図的に取り入れたテンポやリズム、ハーモニー、音などの音楽的要素を生かして、本来の治療目的を達成するためのリハビリの支援と言えるでしょう。

音楽療法士の資格と通信教育

音楽療法士は、国家資格ではなく、民間の認定資格です。現在、複数の団体が、認定資格としており、全国音楽療法士養成協議会による『音楽療法士1種・2種』と、日本音楽療法学会による『認定音楽療法士』が主流です。地方では、県の認定音楽療法士の制度を設けているところもあります


全国音楽療法士養成協議会による『音楽療法士1種・2種』は協議会によって認定された音楽療法士養成講座を持つ大学、短大で、指定された科目を学び、大学・短大を卒業した者に与えられる認定です。1種は大学卒業、2種は短大卒業が認定条件です。認定条件に、大学卒業・短大卒業の条件があるため、通信教育はありません。

日本音楽療法学会による『認定音楽療法士』は独自の認定基準による書類審査と面接試験に合格した者に、資格が与えられます。また、資格取得の後も5年ごとに更新の審査があります。こちらも、基準が厳しいので、通信教育は厳しいでしょう。

音楽療法士を独自に認定している団体では、通信教育を行っている団体もあります。まずは、資料請求をして、きちんと内容を確かめてから受講するようにしましょう。

音楽療法士の就職

日本では、音楽療法はあまり普及しておらず、音楽療法士として常勤という形での就職は、かなり困難です。

音楽療法士の資格を持っている人でも、音楽療法士として非常勤という形で就職したり、依頼に応じて音楽療法を行い、他にアルバイトを行っている方や介護士などの職の中で音楽療法を行っている方など、音楽療法士としての給料だけで、生活できるというわけではないようです。


音楽療法士として給料を貰っているなら、まだ良いほうで、中には、全く給料を貰わないボランティアのような形で音楽療法を行っている方もいるようです。

これは、医療・福祉の現場では、慢性的な人不足に陥っているためと考えられます。

音楽療法は、音楽の特性を生かしたリハビリであるにもかかわらず、同じ音楽であっても、入院患者や入所者へのレクリエーション活動としての音楽もあるため、音楽療法士専任としての仕事は、医療・福祉の現場では、『楽な仕事』と思われがちな側面があり、音楽療法士を常勤で採用する現状にないようです。

しかし、中には音楽療法を積極的に行う病院や音楽療法を教えている学校で働くなど、音楽療法士だけで生活できる場合もあります。