高齢者の再雇用

 

60歳からの仕事ガイド

 

高齢者の再雇用のメリット

高齢者の再雇用に対する企業の取り組みが注目されています。 高齢者の再雇用が注目されているのは、高年齢者雇用安定法の施行(65歳まで定年を延長) により、企業は定年を65歳に引き上げるか、定年後の継続雇用をするのかの 対応を迫られているからです。 こういった事情により、高齢者の再雇用が始まっていますが 高齢者の雇用には、大きなメリットもあります。


高齢者を継続雇用・再雇用するということは、長年の経験により専門的な知識を蓄えてきた人材を、 引き続き仕事の即戦力として、働いてもらうということです。 団塊の世代が大量退職し始めている昨今、即戦力である高齢者に残ってもらうことは、 企業の競争力や体力を高めることにもなるのです。 また、年金の受給開始年齢まで仕事ができる環境を作ることで、 高齢者の生活設計にも安心感が持てることになります。

高齢者の再雇用制度

高齢者の再雇用制度とは、定年で一旦退職してもらい、 希望者と、新たな雇用契約を結んで働いてもらう制度のことです。

高齢者の雇用安定の制度としては、再就職制度のほかに2つのパターンがあります。 働く意欲などに関係なく、定年を一気に65歳に引き上げてしまう『定年の引き上げ』と 定年に達したものを退職扱いしないで、そのまま引き続き雇用する『勤務延長制度』です。


中でも、高齢者の再雇用制度には、いくつかのメリットがあります。 企業側から見ると、定年で、一旦退職してもらい、新たに労働契約を結ぶのですから、 賃金を引き下げたり、正社員からパート・アルバイトになってもらうことも可能です。 また、一旦退職しているため、年功序列の賃金でなく、引き下げても構わないわけですし、 退職前の役職やポストを継続する必要もありません。

労働者側から見ると、定年後の生活設計にあわせた働き方を希望することも可能です。 自分の体力や年齢を考えて、仕事はセーブしたいと考える人もいるでしょうし、 まだまだ、バリバリ働きたいと考える方もいるでしょう。 こういったニーズに答えることができるのが、高齢者の再雇用制度です。

高齢者の再雇用に関する給付金

一旦退職して、再雇用となると、一番気になるのは、賃金の低下。 賃金が下がると、働く意欲も薄れますよね。 それを補うための制度があります。 一つが『在職老齢年金』、もう一つが『高年齢雇用継続給付金』です。


在職老齢年金とは、60歳以上で会社に在籍して厚生年金に加入している人に 支給される年金制度のことです。 平均月額賃金により、年金の一部または全額が停止されます。 平均月額賃金と年金額の合計が28万円以下の場合は、全額支給されます。

高齢者雇用継続給付金とは、60歳になったときの給料と比べて、 再雇用後の給料が、75%未満に下がった場合、 再雇用後の給料の15%が支給される制度です。 給付金は、65歳まで支給されます。


このような賃金低下を抑える公的給付を利用すれば、 再雇用後の賃金低下も、極力押さえられるようになるでしょう。 また、定年延長や希望者全員を65歳以上の年齢まで継続雇用する制度を 導入した事業主に助成される『継続雇用制度奨励金』というものもあります。 今後も、再雇用制度を導入する会社は増えるかもしれませんね。


60歳からの仕事