葬祭ディレクター 試験 求人

 

資格で10倍稼ぐ人の成功ルール

 

葬祭ディレクターの検定

葬祭ディレクター技能審査という厚生労働省認定の資格があります。 葬祭業をする場合に必ず必要な資格ではないのですが、葬祭ディレクター技能検定を 持っていると信用度が違うそうです。


葬祭ディレクターの試験区分いは1級と2級があり、いずれも実務経験が必要です。 2級は実務経験が2年以上で1級は5年以上または2級取得からさらに2年以上です。 ここ数年の傾向から転職する人も多いので、この実務経験の長さは大変かもしれません。


葬祭ディレクターの試験の内容は学科と実技があります。 学科の試験内容は、公衆衛生・法律・行政手続・遺族心理・宗教等、幅広い 知識を求められます。実技には司会や幕張装飾等も含まれています。


葬祭ディレクター検定の受験料は1級・2級とも学科試験は8000円で、実技試験は1級が45000円、 2級が30000と高額です。これは1回で受からないと金銭的に辛いかもしれませんね。 会社で負担してもらえたり、補助金や手当てが付くか確認しておくと良いでしょう。 試験会場は札幌・仙台・大宮・東京・横浜・名古屋・京都・福岡になります。 試験申込みは4月から5月中旬ころ、試験日は9月です(平成20年度)。


葬祭ディレクター技能審査のホームページです。 詳細はこちらで確認してください。


全葬連のサイトです。葬祭で必要な知識が掲載されています。

葬祭ディレクターの求人

葬祭ディレクターのプロを目指すなら葬祭業者のサイトをマメにチェックすることを オススメします。求人・採用情報が掲載されています。

葬祭ディレクターは様々な知識を必要とするたいへんな仕事です。 そのうえ遺族と直接接触するというデリケートな面も持っています。 いきなり葬祭業のプロを目指すのは大変だから、業界をのぞいてみたいという方は、 セレモニースタッフとしてアルバイトをしてみるのも良いかもしれませんね。


葬祭業のスタッフは時給・待遇ともによいようです。 セレモニースタッフの募集は、ジョブエンジンやanセレクトなどをマメにチェックをしてみてください。 葬祭ディレクターは人生の最後を見取る仕事、プロ意なる為にはそれなりの覚悟が必要なのかもしれません。