テキスタイルデザイナー 仕事

 

クリエイターのための独立ガイド

 

テキスタイルデザイナーの仕事

テキスタイルデザイナーとは、衣類やインテリアに使用する布や織物を デザインする人のことです。 衣類やインテリアに使用する布や織物のことを、テキスタイルと呼び、 そのテキスタイルのデザインをすることから、テキスタイルデザイナーと呼びます。


テキスタイルデザイナーの仕事の内容は、とても幅が広く、 色、模様・図柄、質感等はもちろん、 繊維の種類や繊維そのものを選んで作ったりする場合もあり、 インテリアデザイナーやファッションデザイナーと協力して、 素材そのものを開発していくこともあります。日本の代表的な織物といえば、 和服の絹織物ですが、絹織物も、テキスタイルデザイナーのデザインが採用される こともあるんです。


テキスタイルデザイナーには、 糸の企画から織地、編地、染色や各種加工、プリントデザインなどまで一貫して扱う人と どれかを専門に扱っている人がいます。 いずれにしても、専門的な知識が必要な仕事です。

テキスタイルデザイナーになるために

テキスタイルデザイナーになるためには、 デザインはもちろん、テキスタイルや染色、織物の専門知識や技術の知識が必要になります。 また、デザインには、色彩センスも要求されるので、色彩に関する知識や、 商品にするためのマーケティング、コストなどの知識も必要になります。


一般的には、ファッションやデザイン関係の専門学校や工芸関係の大学で テキスタイルデザインに関する知識や技術を身に付けた後、 生地・繊維メーカーや問屋、アパレルメーカー、 インテリア関連会社、デザイン事務所などに就職することが多いようです。


テキスタイルデザインを学ぶための通信教育は、 芸術大学の通信教育学部が多く、専門学校やスクールなどの通信教育は少ないようです。 芸術大学の通信教育学部では、 武蔵野美術大学の通信教育学部や京都造形芸術大学の通信教育学部があります。

テキスタイルデザイナーの求人と収入

テキスタイルデザイナーの就職先は、生地・繊維メーカーや問屋、アパレルメーカー、 インテリア関連会社、デザイン事務所などが多いのですが、 生地・繊維メーカーやアパレルメーカーでは、 「テキスタイルデザイナー募集」として募集しているケースも多く見られます。


テキスタイルデザイナーの収入は、働いている会社によって異なりますが、 生地メーカーや繊維メーカーなどに勤める場合、 新卒の新入社員の給料は月収15〜20万円、30代の社員で、年収300〜400万くらいと言われています。